実績で評価される風俗従業員

>

一般従業員以外の職種のドライバーと店長について

運転免許さえあれば良いデリヘルドライバー

デリバリーヘルスの送迎ドライバーは副業にピッタリな男性向け風俗の仕事です。
資格も運転免許さえあれば、学歴、職歴は不問で始めやすい仕事で、送り迎えを専門として行う業者もあるのだとか。
そのため、求人数は多い傾向にあります。

勤務の実情は、所定の場所で待機しながら携帯電話で連絡を待つのがほとんどで、をすぐに電話に出られる状態であれば何をしていても良い自由な勤務形態で待ち時間のあいだも時給は支払われます。
ただ、時間帯と曜日によっては次々に指示がはいって、まったくのんびりする事は出来ない時もあります。
注意点としては送迎の女性と業務連絡以外の会話をしただけでも罰金が発生するケースもあるので注意してください。

月収100万円も夢じゃない風俗店店長

男性が風俗店で最も稼げるポジションはやはり店舗の責任者である店長です。
報酬は店舗の売り上げに左右されますが月収100万円は夢ではありません。

しかし、高額な報酬は約束されますが、店長への道のりは遠く一般の店員が経験を積んでようやく店長になれますが、店長になっても、店員やキャストの教育、勤務の管理などの一般業務から、各種トラブルの解決、地元警察などへのあいさつ回りなど一般の会社では行わない業務をこなさなければなしません。
しかも、店舗の業績が好調ならば報酬は上がっていきますが、店舗で赤字を出そうものなら、責任者として即座にクビとなる事もあるようです。
店長は高額報酬は約束されますが、責任者としてとてつもなくストレスがかかるようです。


この記事をシェアする